データポータルでサーチコンソールをデータセットとして選択し、実際にグラフなどを作成すると数々の疑問にぶち当たるであろう。ここではその疑問とその向き合い方について取り上げていきたい。

期間設定の疑問

デフォルトでの設定期間はデータ閲覧当日3日前~データ取得閲覧当日からカウントして28日前の期間となります。例:12月8日の場合、12月5日から11月10日のデータがデフォルトで取得されます。
*サーチコンソールのデータ集計は日本時間ではなく米国の太平洋時間で行われています。この為集計に時間を要しているように見えています。(日本時間の方が17時間~16時間進んでいる)
サーチコンソールそのものでは最新データを「昨日」で設定し確認可能ですが、データポータルを介すとこれが3日前からとなります。将来的にはデータポータルを介しても昨日の設定が可能になるかもしれません。

データソースが2種類ある疑問

データポータルではサーチコンソールのデータソースが2種類あります。1つはサイトレベルでのデータを確認する為、もう一つはページレベルでのデータを確認する為です。

サイト別集計:サイトレベルのデータ

サイト別集計

サイトのデータをまとめて集計します。
確認できるデータ:データポータルでは以下のフィールド(デイメンション・指標)が使えます。
検索クエリ・表示回数・クリック数・サイトCTR・検索結果 平均掲載順位
*平均掲載順位はサイト別集計のみ

ページ別集計:ページレベルのデータ

ページ別集計

個別ページのデータを集計します。
確認できるデータ: データポータルでは以下のフィールド(デイメンション・指標)が使えます。
ランディングページ・表示回数・URLクリック数・URL CTR

サイト別集計の「表示回数・クリック数・サイトCTR」と ページ別集計の「表示回数・URLクリック数・URL CTR」の違いは?

例でご説明します。
同じキーワードで自社検索結果が1位~3位まで表示
ユーザーが1位(Aページ)クリック後、2位(Bページ)クリックした。

サイト別集計では表示回数の重複カウント無し:1
ページ別集計は重複:3
サイト別集計ではクリック数も重複無し:1
ページ別集計は重複:2
サイト別集計では平均掲載順位は最上位:1
ページ別集計は順位の和をその数で割る(1+2+3)/3:2
*データポータルではページ別集計の順位は表示できません。
サイト別集計・ページ別集計違い

平均掲載順位 前の期間との比較でマイナス過ぎ(?)な疑問

例:Average Position(平均掲載順位) が1.16位なのに -46.8%。何故?

平均掲載順位 前の期間との比較表

Average Position(平均掲載順位) は逆で考えます。例えば、10位から1位へUPした場合、-90% となります。

おすすめの記事