データワカルを立ち上げた理由

ウェブマーケにおいてBIツールであるGoogleデータポータルは今後ますます活用されるに違いないと踏んだからです。
活用が進む理由3つ

1.ウェブマーケターの生産性向上(施策提案・実行>レポート作成)
2.無料で扱いやすい
3.必要なデータソースを網羅している(アナリティクス~BigQuery等)

データワカルはデータポータルの使い方、レポート作成、具体的な活用方法、テンプレート等すべて網羅するつもりで記事を書いていきます。データワカルを是非ウェブマーケティングにご活用ください。
データポータルはGoogleアナリティクスやGoogle広告、Googleサーチコンソール等のデータを表やグラフとして表示させるツールです。他にもアナリティクスとエクセルデータを統合して表を作成したり、アナリティクスとサーチコンソールとグーグル広告の表やグラフを1つのレポートとしてまとめたり様々なデータのビジュアライズ(見える化)が可能となります。
データワカルはウェブマーケティングコンサル・教育を展開しているアジアスターズ株式会社による監修がされています。
まずは、データワカルご紹介 からお読みください。

講師から直接Googleデータポータルを学ぶ

このデータワカルでも十分データポータルの基本を身に着けることができますが、講師から直接学びたい!学習時間の短縮を図りたい方向けに講座をご用意しています。

Googleデータポータル基礎
レッスン内容:
なぜデータポータルが必要なのか?
データポータルの構成
データポータル レポート事前準備
データポータル実例
データポータル 実例の詳細:
1)メニュー作成
2)セッション・ユーザー・目標完了数(アナリティクス)
3)デバイス種別データ等(アナリティクス)
4)月次データ(アナリティクス)
5)クエリデータ等(サーチコンソール)
6)検索語句等(グーグル広告)
7)キャンペーンデータ(グーグル広告)
8)セッションとコンバージョン率[前年同月](アナリティクス)
9)コンバージョン・費用・CPA(グーグル広告)
お申込み:お問い合わせ

Googleデータポータル基礎
レッスンの内容:
なぜデータポータルが必要なのか?
データポータル レポート事前準備
データポータル実例
データポータル 実例の詳細:
1)直帰率等(アナリティクス)
2)インタラクションを使ったデバイス別データ(アナリティクス)
3)店舗来店者数+セッション+コンバージョン(1)~(2)(混合)
4)LPセッション・直帰率・コンバージョン(1)~(2) (アナリティクス)
5)セグメント・新しいフィールド(計算フィールド) (アナリティクス)
6)新しいフィールド(計算フィールド) 練習問題
お申込み:お問い合わせ

新着記事
GA4のデータポータル設定 ディメンション・指標確認
データポータルとスプレッドシート
データポータルとサーチコンソール